• HOME
  • 医院紹介
  • 医師紹介
  • 診療案内
  • 検査案内
  • アクセス

検査案内

経鼻内視鏡検査

経鼻内視鏡検査とは

カメラの付いた細くて軟らかい胃内視鏡を鼻から挿入し、食道、胃、十二指腸を調べる検査です。
口から挿入する内視鏡と違い、のどの奥にある舌のつけ根に触れないため、吐き気をほとんど感じません。
体にかかる負担も少なく、検査後はすぐ日常生活に戻れます。
気持ちを楽にして検査を受けてください。

時間に余裕がある方は静脈麻酔の沈静下の口からの胃カメラをおすすめします。
眠っている間に検査が終わります。全くえずかないし苦しくありません。

当院では胃カメラ検査はオリンパスの最新の内視鏡システムEVIS LUCERA ELITEシリーズを使用し、狭帯域光観察(NBI:Narrow Band Imaging)を使用し早期癌の発見に効果を発揮しております。

「オリンパス LUCERA」

当院では、大病院向けの上位機種を使用することにより、鮮明な画像で、見落としのない検査が可能です。

経鼻内視鏡検査のメリット

1.苦しくない

  • 挿入時につらくない
  • 吐き気や息苦しさがない
  • 心拍数・血圧の変動が少ない

2.検査中に会話ができる

  • 検査中に医師と同じモニター画像を見ることができる
  • 説明を受けながら、不明点や疑問点をその場で確認することができる

3.すぐに日常生活に戻れる

  • 気分が悪くなければ、車の運転・仕事・家事などがすぐに可能
  • 30~60分後には飲食が可能

4.検査が楽で、終わった事も分らない!?

  • 軽い鎮静剤を使用すると、検査が終わった事に気付かない方もいます
 
検査前の注意点
検査の前日
  • 夕食は午後9時頃までに済ませてください。
  • アルコールは控えめに。
  • 早めに就寝しましょう。
検査当日の朝
  • 朝食は摂らないでください。糖尿病の薬は中止してください
  • 歯磨き、少量の飲水は結構です。
  • ガードルやコルセットをつけている場合、検査前に外しておきましょう。
pagetop