• HOME
  • 医院紹介
  • 医師紹介
  • 診療案内
  • 検査案内
  • アクセス

診療案内

内科

一般内科では、高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満、メタボリックシンドローム、痛風などの生活習慣病の予防と治療などを行います。また、急な熱、風邪、インフルエンザ、下痢、腹痛等の急性疾患にも対応しています。

他にも、どの診療科に行っていいかわからない場合は、まず一般内科を受診されることをお勧めします。

消化器科

消化器科では、嘔吐、胃痛、胸焼け、下痢、便秘などの症状を診察しています。必要に応じて食道、胃、十二指腸について内視鏡で精密検査をいたします。
当院の内視鏡は苦痛の少ない鼻からのタイプの経鼻内視鏡を使用しており、挿入時の負担がかなり軽減されております。
また口からの内視鏡をする場合は静脈麻酔をかけて寝ているうちに検査をいたします。
 最近機能性ディスペプシアという新しい概念が話題になってきております。いろいろ検査して異常がないのに胃の調子がよくないという方は一度診察を受けてください。
消化器(食道・胃・十二指腸)の検査をご希望の方は、お気軽に医師へご相談下さい。

循環器科

主な対象疾患としては、狭心症などの虚血性心疾患、不整脈、心不全、閉塞性動脈硬化症、高血圧、低血圧などに対応しています。

循環器疾患は、喫煙、食事、運動、飲酒、肥満などの生活習慣との関連が深いので、
薬物による治療だけでなく、生活習慣改善の指導がとても大事です。
定期健診や人間ドックの結果を受け流すのではなく、必ず医師のアドバイスを受けて、正しい治療と生活習慣を心がけて下さい。

生活習慣病

偏った食事や、運動不足、飲酒・喫煙・ストレスが習慣となった生活を続けていると、高脂血症や高血圧、糖尿病といった生活習慣病を引き起こします。これらはサイレントキラーと呼ばれ、知らないうちに動脈硬化を進行させます。
また、これらの病気に肥満が加わると、単独でのリスクは軽くても、積み重なることによりリスクが増大します。

動脈硬化とは
動脈硬化のメカニズム

血管壁にコレステロールがたまってかたまり(プラーク)になり、血液の流れが悪くなります。
重症になるとプラークが破れ、血管を完全にふさいでしまいます。
何もしないで放っておくと、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞、下肢の壊死、突然死など、さまざまな病気を引き起こします。
そうならないために、まずは生活習慣の改善からはじめましょう。

pagetop

高血圧

高血圧の診断基準

診察室血圧値は 140/90mmHg以上,
家庭血圧値は  135/85mmHg以上, と定義されています。

遺伝、塩分の取りすぎ、肥満、運動不足、ストレスなどの生活習慣が原因となります。

早朝高血圧にご注意!!

血圧は一日の間で上がったり下がったりしています。一般に睡眠中は下がっており、朝は体を活発にする交感神経が働くことにより、血圧は高くなります。
ですから、昼間の血圧が正常でも注意が必要です。特に昼間の血圧が正常で、朝起きた時の血圧が高い状態を早朝高血圧といいます。早朝高血圧の人は脳卒中や心筋梗塞などの病気を引き起こす危険性が高くなります。
早朝高血圧の有無を確認するためには、家庭での血圧測定が重要です。
血圧計は二の腕で測るタイプ(上腕カフ型血圧計)を使いましょう。

正しい家庭での血圧測定の方法
  1. 座った状態で、腕を心臓の高さと同じにし、安静にします。
  2. 毎日、決まった時間に測ります。
    朝は起床後1時間以内の朝食・服用前(排尿は済ませておきましょう)
    できれば夜、寝る前にも測りましょう。
  3. ゆっくり落ち着いて測る
    座って1~2分待ち、落ち着いてから測りましょう。
  4. 記録はきちんと正確に。
    測定した時刻、血圧値、心拍数を記録しておきましょう。

高血圧基準値:家庭血圧計で図る場合は、135/85mmHg以上が高血圧です。

高血圧の治療目標値

日本高血圧学会は、高血圧の治療に対する目標値を以下のように設定しています。

若年・中年までの方
収縮期血圧 130mmHg未満
拡張期血圧 80mmHg未満

糖尿病 + 腎臓の悪い方
収縮期血圧 130mmHg未満
拡張期血圧 85mmHg未満

高齢の方(65歳以上を目安)
収縮期血圧 140mmHg未満
拡張期血圧 90mmHg未満

血圧管理のポイント

日本人に多い脳卒中は高血圧との関係が強く、また高血圧では臓器障害も進行するので、血圧をしっかり持続して下げることが大切です。

①しっかり下げる

②24時間持続して下げる

③早朝の血圧上昇を抑える

治療法

当院では、無理な食事療法・運動療法をせずに血圧を安定させます。

【主な高血圧の治療薬】

  • カルシウム拮抗薬
  • A-∥受容体拮抗薬(アンジオテンシン∥受容体拮抗薬)
  • ACE阻害薬(アンジオテンシン変換酵素阻害薬)
  • 利尿薬
  • β遮断薬(ベータブロッカー)
  • α遮断薬(アルファブロッカー)

※薬を飲んで血圧が低下しているときに、勝手に薬をやめれば血圧は元の高い状態に戻り、危険な場合になることもあります。必ず医師の指導にしたがって薬を服用しましょう。

pagetop

糖尿病

糖尿病の診断基準

空腹時血糖値≧126mg/dlあるいは随時血糖値≧200mg/dl定義されています。
遺伝的体質の他に、肥満、過食。運動不足も原因となります。

治療法
生活習慣の改善
  1. 食生活
    決まったエネルギー量をバランス良く朝・昼・夕と規則正しくとりましょう。
  2. 運動不足の解消 糖分(ブドウ糖)をエネルギーとして利用し消費を高め、運動不足を解消しましょう。
薬物療法

薬物療法も新薬が開発されており、過度の食事療法・運動療法は不要となっています。

※治療方法は、患者さんによって異なります。必ず医師に相談しましょう。

メタボリックシンドローム

内臓脂肪の蓄積に要注意「メタボリックシンドローム」とは、「内臓脂肪の蓄積」が原因で、コレステロール・血圧・血糖値などが少し高くなり(高血圧・高脂血症・糖尿病)、それらが複数重なった状態を言います。
この状態を放っておくと動脈硬化が進行し、心筋梗塞や脳卒中などを招きやすくなります。
内臓脂肪の蓄積を正確に知るためにはCT検査をおこなう必要がありますが、ウエスト径でも内臓脂肪の判定が可能です。

ウエスト径の測り方

立った姿勢で、息を軽く吐き、おへその位置でウエストを計って下さい。
※明らかにおなかが出ている人は下の肋骨と骨盤の中間ぐらいを測って下さい。

メタボリックシンドロームの診断基準

ウエスト径が男性の場合は85cm、女性の場合は90cm以上あると内蔵脂肪の蓄積があると考えられます。
この腹部肥満に加え、以下の項目のうち、2つ以上あてはまる方はメタボリックシンドロームと診断されます。

  • リボ蛋白異常
    高トリグリセリド血症 150mg/dL以上
    かつ/または
    低HDLコレステロール血症 40mg/dL未満 男女とも
  • 血圧高値
    収縮期血圧 130mmHg以上
    かつ/または
    拡張期血圧 85mmHg以上
  • 高血糖
    空腹時血糖 110mg/dL以上

メタボリックシンドロームの治療では、まず原因となる内臓脂肪を減らす必要があります。他の生活習慣病と同様にバランスのよい食事と適度な運動をおこなうことにより、内臓脂肪を減らすことができます。

pagetop